「地域、組織、業種を超えた個人のネットワーク」により分析技術を活用し豊かな未来の実現をめざす

検査分析士会員サイト会員ページENGLISH

検査分析マーケティングエキスパート資格制度

検査分析マーケティングエキスパート資格は販売技術を活用して社会の豊かさと安心を支援する専門家の資格です。
このために「試験による実務能力の検定」と「自己啓発による実力の涵養支援」により「専門家としての地位の確立」を目指します。

日常業務として実施されている機器分析は、その結果を社会に役立たせるために、得られた結果の信頼性が問われる。
このためには使用目的にあう分析機器や機器を使用するために必要な機材が円滑に供給されることが肝要である。
この資格ではこれらの機材を円滑に供給することに必要な知識と技能に関して認定を行う。

生産財の販売に基本的な知識を有し、機器分析に関する基本的な常識と、分析機器の設置されたラボでの一般的な業務と使用される機材についての知識に関して、習得している知識、技術のレベルにより、初級、上級、特級の三段階のランクで評価します。
検査分析マーケティングエキスパートは最新の知識を必要としますが、その実務は芸の道に通じる熟練が必要です。

初級、上級、特級は世阿弥のいう「守、破、離」:最初は基本を「守り」次に基本を「破り」 最後に基本から「離れる」という日本古来の芸の道を究める手順をイメージしています。
機器分析機材の販売の実務者は、販売活動の中で生起する問題を解決するため、実務経験を積み重ねながら継続的に学習をして、問題解決に必要な知識を得ることが必要です。検査分析マーケティングエキスパート資格制度ではこのため継続学習制度を設けています。
実務経験と共に専門知識の習得を資格制度に加えることにより、機器分析機材の販売の実務者の地位の向上を目指します。

詳細はこちら

概要

検査分析マーケティングエキスパート資格制度とは

詳細はこちら

資格認定基準

資格認定は職務能力に応じて初級、上級、特級の3段階に分けて行います。

詳細はこちら

検査分析マーケティングエキスパート認定試験

検査分析マーケティングエキスパートとは、分析機器及び機器分析に関連した機材の供給に関する幅広い知識と技能を有する者をいいます。 本試験は検査分析マーケティングエキスパートとして機…

詳細はこちら

団体試験

団体試験は、毎年7月末に全国6か所で行う一斉試験の受験後から次年度の申し込みが開始される期間に最小5名の受験者に対して、任意の日時で実施します。

詳細はこちら

平成28年度合格者

7月30日に行われた一斉試験の合格者の発表です

詳細はこちら