「地域、組織、業種を超えた個人のネットワーク」により分析技術を活用し豊かな未来の実現をめざす

検査分析士会員サイト会員ページENGLISH

ナーチャーコンテスト

2020ナーチャー賞エッセイコンテストの選考結果

 コンテストは11月26日に締め切られ、6件の応募があり9名の審査員による書類審査を踏まえて12月16日にナーチャー賞選考委員会が開催され受賞者を決定しました。表彰式は2021年1月24日(日)に12:00から東京御茶ノ水のレストランオステリアノアで行います。

 

2020年度受賞者

大賞

As Is To be

小森 将貴

優秀賞

機器分析の世界への復帰

浪崎 友佳里

優秀賞

分析装置の今昔

中安 陽子

特別賞

新型コロナウイルス感染症流行下における大学の実習実施

小林 淳

ステュディオス賞

電子顕微鏡の思い出

高木 勇

ファーストペンギン賞

計測可能にしたいものー人工知能の実現に向けてー

角田 真二

 

  賞金:ナーチャー大賞(1名) 3万円、優秀賞(2名) 1万円、 特別賞(1名) 1万円 

    ステュディオス賞(1名) 5千円、ファーストペンギン賞(1名) 5千円  参加賞 クオカード

 

 ナーチャー(Nurture)賞:「育てる、はぐくむ、育成する」というラテン語由来の英語。大賞1名、優秀賞3名、奨励賞1名

 ステュディオス賞:「ステュディオス(studious)」はラテン語由来の英語で「熱心な」の意味。機器分析に熱心に取り組んだ応募者を対象

          とする。

 ファーストペンギン賞:「ファーストペンギン」は「最初に海に飛び込んだ勇気あるペンギン」の意味。機器分析以外の異なる業務を体験

            した応募者を対象とする。

 ノヴィ・ホミネス賞:「ノヴィ・ホミネス(Novi Homines)」はラテン語で「新人」の意味。機器分析を専門にしていない応募者を対象

           とする。

 

* ナーチャー賞は分析産業人ネットが2009年に創設した賞です。

機器分析は現代社会の基盤技術として不可欠です。現代社会の多様な課題に答えるため精密な装置を使って結果を解析しますが、そのために多数の専門家に支えられています。高度の専門知識と技能を持つ方々の業務についてエッセイを通じて理解戴き、機器分析技術について親しみを持っていただくことを願ってこの賞を創設しました。

2009年~2012年までの4年間の優秀作品は冊子 ナーチャー賞受賞作品集『もののしらべ』として、2013年の優秀作品は冊子『もののしらべ2013』として発行しました。

ナーチャー賞

ナーチャーコンテストは機器分析に関するエッセイのコンテストです。機器分析とその関連する仕事に携わる実務者が使命感や達成感、好奇心や探究心等をもって仕事に取り組む姿を伝えることで機器…

詳細はこちら

募集要項

毎年9月に機器分析に関するエッセイを対象として募集を開始。募集期間は約2か月。12月に応募作品の中から選考委員会で受賞作品を決定します年末に受賞者を発表、1月中旬の日曜日に表彰式を…

詳細はこちら

今までの受賞者

2009年に開始したエッセイコンテストの受賞者を紹介します。

詳細はこちら

審査と表彰

エッセイコンテストの審査は応募締め切り後、1つのエッセイについて複数の審査員による書類審査を行い、その結果を基に12月中旬に選考委員会で決定します。

詳細はこちら