「地域、組織、業種を超えた個人のネットワーク」により分析技術を活用し豊かな未来の実現をめざす

検査分析士会員サイト会員ページENGLISH

検査分析士資格制度

検査分析士資格制度の初級試験への挑戦の方法について

1.毎年7月に全国6都市(東京、大阪、名古屋、福岡、仙台、札幌)で同時に行う一斉試験
 2020年の一斉試験は7月18日(土)に開催予定です。
 初級試験は受験申込時に配布する初級試験テキストの範囲で出題されます。
 受験申し込みは2020年5月7日からですが 学習を早めに開始したい方のために「テキスト事前申込」を受け付けています。また、4カ月で学習を行う通信講座「検査分析士受験支援講座」が利用できます。

2.9月から4月までは3名以上の団体で受験出来る「初級試験団体試験制度」で受験が可能です。

検査分析士資格とは
 検査分析士資格は機器分析技術を社会の抱える問題解決の道具として活用する専門家の資格です。
検査分析士資格制度では、このために「試験による実務能力の検定」と「自己啓発による実力の涵養支援」により「専門家としての地位の確立」を目指します。

能力の評価は
 機器分析の実務能力は習得している知識、技術のレベルにより、初級、上級、特級の三段階のランクで評価します。
検査分析士は最新の科学技術の知識を必要としますが、その実務は芸の道に通じる熟練が必要です。
初級、上級、特級は世阿弥のいう「守、破、離」:最初は基本を「守り」次に基本を「破り」 最後に基本から「離れる」という日本古来の芸の道を究める手順をイメージしています。

合格後の能力向上の支援
機器分析の実務者は、分析を実施する中で生起する問題を解決するため、実務経験を積み重ねながら継続的に学習をして、問題解決に必要な知識を得ることが必要です。
検査分析士資格制度ではこのため継続学習制度を設けています。
実務経験と共に専門知識の習得を資格制度に加えることにより、機器分析の実務者の地位の向上を目指します。

詳細はこちら

概要

検査分析士は機器分析及び機器分析の関連業務に携わる実務者個人の実力を示す資格です。2007年から毎年1回全国で試験を実施しており、既に600名余の方が初級資格を取得しています。

詳細はこちら

資格認定基準

職務能力に応じて初級、上級、特級の試験を行います。初級は実務経験が少ないかない人が対象で基本的知識を4択50問で試験、上級は数年以上の実務経験者を対象に論述試験と面接を行います、

詳細はこちら

FAQ

検査分析士制度に関する FAQ

詳細はこちら

2019年度合格者

2019年度の検査分析士資格認定一斉試験の上級・中級合格者発表

詳細はこちら

2020年度検査分析士認定試験(一斉試験)

検査分析士資格認定試験は毎年7月末の土曜日の午後、全国6か所の会場で一斉に行われます。初級試験の出題は受験申込時に配布するテキストの内容の範囲で行います

詳細はこちら

2019年度団体試験

毎年,全国六か所で行う7月末の一斉試験の受験が困難な方を対象にして、一斉試験の終了した時から、次年度の申込が開始される期間に最少3名の受験者を対象に、任意の日時、場所で実施します。…

詳細はこちら